コンタクト レンズの上手な入れ方

コンタクト レンズの上手な入れ方 コンタクト レンズは、目の中に入れることで視力を矯正する器具で、現在では目に入れても痛みが少ないソフトタイプや、ファッション性を高めたカラーコンタクトなど様々な種類が売られています。そのため以前よりも多くの方がコンタクトレンズを利用していますが、初めて装着する際は失敗する方も多く痛い思いをしがちです。コンタクトレンズで痛い思いをしないためにも、上手な入れ方を学びましょう。当サイトではコンタクトレンズの入れ方や、装着後の注意点などについて紹介しています。

コンタクトレンズを入れる際、痛みをなるべく出さないためには、レンズを押し付けるようにではなく、吸い付かせるようにすることを意識しましょう。コンタクトレンズは水分を帯びており、目の表面についている涙と吸い付き合うことで目にぴったりとくっつきます。そのため変に力を入れなくても、勝手にちょうど良い形でついてくれるので、変に力を入れないように意識すれば、目を傷つけることもありません。目に入れる際に痛みが出やすいと思われがちなコンタクトレンズですが、実は眼球は乱暴に触れない限りは、直接触ってもそれほど痛みが出ないと言われています。そのため、爪を立てるなどの危険な行為を避けて、コンタクトレンズを吸い付けるようにすることで、痛みが出る可能性を大きく抑えることが出来ます。ただし痛みが無くても雑菌が入り込む可能性があるので、コンタクトレンズを入れる際は手を洗ってから、水分によるコンタクトレンズの吸着が起きないよう、手の水分をしっかりふき取るようにしましょう。

コンタクトレンズを入れて、痛みを感じたときは、コンタクトレンズがずれている可能性があります。あせってしまうと角膜を傷つけてしまう恐れがあるので、まずは落ち着いて目の中を確認し、コンタクトレンズがどこにあるか把握し、慎重につけ直してください。目をつぶって涙を溜めるとレンズがずれやすくなり、位置調整もしやすくなります。もし動きが無いようなら、洗面器に水を溜めてその中で瞬きをしてレンズをはずしましょう。どうしても取れないなら無理せずに眼科に行って取ってもらってください。

コンタクトレンズを入れたら、ついつい裸眼と同じような感覚になってしまい、長時間着けっぱなしにしてしまう方も多くなっています。しかし、コンタクトレンズを着けっぱなしにしていると、涙がレンズに吸着して目が乾燥しやすくなってしまったり、目に触れるはずの酸素が少なくなってしまいます。そうなると角膜が傷つきやすくなってしまうので、目の異常を防ぐためにも、装着したコンタクトレンズは、決められた装着時間を過ぎる前に外すようにしましょう。

最新ニュース